火の鳥

職場の立地場所やいろいろな要素があり、
今までの人生で最も図書館を利用する1年を過ごしました。

ふと、目に入って興味を惹かれたのが
手塚治虫先生の「火の鳥」でした。

まだ4冊目(鳳凰編)までしか読んでいませんが、
生きているうちに読んでよかったなと思うシリーズです。

同時に、手塚治虫先生の偉大さを改めて感じるわけです。

自分の気持ちをあまり書くと、あとで見返したときにこっぱずかしいので
このへんで。読んだ本の記録とかもできたらいいなとは思っています。